DIYリフォームって何?

出来て損はないDIY!家のリフォームだって可能なんです!

DIYの歴史

最近は様々な場面でDIYという言葉を耳にすることが多いですね。 「DIYって何?」「何の略?意味は?」「何から始めればいいの?」そんな疑問を持っている方も多いかと思います。 そんな方のために、まずはDIYとは何か、起源はどこなのか、DIYの基礎知識や歴史について説明していきたいと思います。

DIYを始める前に知っておきたいこと

DIYとは「Do_It_Yourself」の略です。
訳すると「自分で出来ることは自分でやろう!」という意味であり、簡単に言えば自分で家を修理したり、家具やインテリア等を作ったりすることを言います。

DIYの始まりは第二次世界大戦後の1945年にイギリスのロンドンで起こった国民的運動です。
国民たちは「Do_It_Yourself」をコンセプトに破壊された街を自らの手で復興させていったのです。
自分たちで街を修復しながら夢や希望を取り戻すといったように知らず知らずのうちに精神的にも大きな影響を与えたことでしょう。
更にその運動はヨーロッパ全土からアメリカへと広がり大きなDIY産業へと発展していきました。
現在ではレジャーや趣味として楽しむ人が増えています。

日本に比べてアメリカではDIY習慣が強く根付いており、幼い頃から両親のDIY作業姿を目にしていた子ども達は自然と手伝うことが多いです。
家族みんなで理想の住まいを作りながら、家族の絆も深めていくことにも繋がるのです。
「Do_It_Yourself」は戦後から現代へ、そして未来へと新しい技術とデザインを広め、家族の絆を深める大きなキーワードだったといえます。

DIYは専門業者に依頼すると高額になるものを比較的安く行えること、自分の好みの快適な空間や作ることができます。
そして何より物作りの楽しさや充実感、出来上がったときの達成感などを得ることが最大の魅力です!
日本にも「社団法人日本DIY協会」という団体があり、「DIYの普及とDIY産業の総合的な発展を図り、更に豊かな国民生活の形成に寄与する」ことを目標にDIYショウをはじめ、ホームセンターなどで消費者サポートとしての「DIYアドバイザー」など、幅広く活動しています。

DIYのメリットって?

メリットは「費用が安く済む」「すぐ始められる」ということです。 業者に頼む場合は、日程や工事内容の打ち合わせ等、取り掛かるまでに時間を要します。 しかし、DIYであれば必要な材料や工具が揃えば即取り掛かることができます。 そして最大の魅力は自分好みの作品を作ることの充実感、完成したときの達成感です!

DIYで気をつけたいポイント

素人が1から作り上げるので、勿論デメリットもあります。 思うように上手くいかなかった、イメージと違った仕上がりになった等々。 しかしインターネットや本など沢山情報が載っているので、解決方法はいくらでもあります。 失敗してしまうのがデメリットですが、やり直しが効くということは逆にメリットと言えます。