出来て損はないDIY!家のリフォームだって可能なんです!

>

DIYのメリットって?

初心者DIY!「貼る」ことから始めよう

何を「貼る」かというと、壁紙シートです。
壁紙シートはホームセンターや通販、100円ショップにも広く販売されています。
シールになっているタイプ、水で貼るタイプ、糊を使って貼るタイプ等、様々な壁紙シートがあります。
オススメはシールになっているタイプです。
初心者でも簡単に貼り付けられ、また別の壁紙に変えたいときも簡単に剥がすことができます。
気軽に再リフォームできるのが良いですね。
柄も沢山種類があります。
暖かい雰囲気になる、オシャレな部屋になるといった理由でレンガ調や木目調が人気の柄です。
また、壁紙を貼るメリットとして壁の汚れ防止にもなりますし、壁に穴を開けるわけではないので賃貸の方も安心して始められるDIYリフォームです。

コツを抑えよう!基本の貼り方

次に壁紙シートの貼るコツをまとめました。
ここではシールタイプの貼り方について説明します。

まず、壁のサイズを測りその大きさにカットします。
シートの裏にメモリが付いているのでスムーズにカットできます。
次に、裏紙を5~10センチほど剥がし壁の上部から貼り付けていきます。
ここで空気が入らないように中心から外側に向かって空気を抜くように貼っていきましょう。
力を入れすぎるとシートが破れてしまうことがあるので注意してください。

より綺麗に貼るために、あらかじめ壁を水拭きして汚れをとっておく、貼るときにヘラやスムーサーを使うとなお良いでしょう。
万が一、空気が入ってしまった場合はカッターや針で小さな切込みを入れ空気を抜くと目立たなくなります。